「つくる」ことにこだわったオーダーキッチンやオーダー家具などにより日本のライフスタイルを提案する、奈良のインテリアショップJP.formeです。

フリーダイヤルは0120-432638 サイトからのお問い合わせはこちらをクリック

檜の特性を利用した、JP.formeオリジナルキッチンキャビネット。

永く使い続けられるキッチン‥
それは、モノとして長持ちする品質が条件ですが、
同じくらい大切なことは、「人が愛着を持って使えること」だと私たちは考えます。

そんな発想で生まれた、檜(ひのき)の無垢材でできた箱、「框〈kamachi〉」。

工業材料では味わえない自然素材の温もり、手づくりならではの職人技を活かした造り、
使うほどに味わい深くなる、永くお使いいただける一品です。

日本人になじみ深い「檜」。
高級材としてよく知られていますが、キッチンキャビネットに求められる性能も満たした天然素材です。

環境  森林を育成し、CO2低減につながるエコ材料

日本の森林で植林された針葉樹の多くは成熟過程に入っていますが、様々な理由で十分に活用が進まず、その過密化により山林の生態系に悪影響を及ぼしています。これを防止するために間引きされた檜などの木材(間伐材)を使用することは、新たな木の生育に役立ち、ひいてはCO2の低減にもつながります。
また使用する材料は、建築材が製材される際に出る端材「オチ」です(木材としての品質はまったく変わりません)。このように框〈kamachi〉は、使うべき木材を無駄なくエコに利用しています。

安心・安全  天然成分で安全に防虫、防腐、防臭、殺菌

檜から発散される「ヒノキチオール」や「フィトンチッド」には殺菌物質が含まれており、病原菌や細菌(カビ)の繁殖を抑える働きがあります。また、昔は檜油を殺虫剤として利用されていたほど防虫にも効果的。さらに、アンモニアや腐敗臭などの不快な臭いを抑える防臭の威力も発揮します。
自然の作用なので、安心・安全にキッチンを清潔に保てます。

耐久性  水に強く、丈夫で長持ち

檜には油分が多く含まれており、水に強いという特性を持っています。そのため昔から弁当箱やまな板、風呂桶などに利用されてきました。湿気や水気の多いキッチンには、正に適した材料と言えます。
また、檜は古くから寺院や重要な建造物の構造材として用いられてきました。長きに渡る環境の変化に耐えている実績から、その丈夫さと耐久性の高さがうかがえます。

JP.forme indexへ戻る ページの先頭へ戻る