「つくる」ことにこだわったオーダーキッチンやオーダー家具などにより日本のライフスタイルを提案する、奈良のインテリアショップJP.formeです。

フリーダイヤルは0120-432638 サイトからのお問い合わせはこちらをクリック

「つくる」ことにこだわるJP.formeが、お客様野様々なわがままに、つくることでお応えします。

サイズが自由

ワークトップの高さは、『身長(cm)/2+5〜10(cm)』を目安に、店内のキッチンで体験いただいて、お客様にとって使いやすい高さを設定します。
間口寸法は、部屋の内のり寸法などに合わせて無駄のないように、カウンターの長さや収納キャビネットの幅を決めていきます。
ワークトップの奥行きは標準寸法を650mmに設定していますが、こちらも機器の納まり等に影響のない範囲ならご要望に応じて調整ができます。

レイアウトが自由

キッチンのレイアウト(上から見たカウンター形状)はI型、L型、Ⅱ型、U型などが一般的ですが、部屋の形や使い方、またはデザインの好みに合わせてユニークな形にすることもオーダーキッチンなら可能です。
また、シンクとコンロの位置関係はキッチンの使いやすさを左右する重要な要素ですが、使い方に合わせてベストな位置をご提案します。

シンクまわりが自由

シンクは、ステンレスを大きなプレス機で絞った既製のタイプと、広さや深さなどが指定できるステンレス手加工のオーダー品から選べます。また、洗剤ポケットや水切りプレート、まな板など使い勝手を高める機能も選択が自由。水栓金具も日本とヨーロッパのメーカー品の中から自由に選択できます。さらに浄水器の設置などのご要望にもお応えします。

機器が自由

コンロ(またはIHクッキングヒーター)、食器洗い乾燥機、レンジフード、オーブンレンジなどの機器は、国産メーカー品はもとよりヨーロッパ製も含めたバリエーションの中で、機能やデザインのこだわりに合わせてお選びいただけます。 取扱い機器メーカーはこちら

収納が自由

使いやすいキッチンづくりの鍵は、収納をいかに使いやすく効率よく設けるかだと言って過言ではありません。JP.formeのキッチンは、ゆっくり静かに閉まるソフトクロージングレールの引出しを中心に、使い勝手に優れた収納プランをご提案。ご希望によって収納物に応じた内部パーツもお選びいただけます。
また、カップボード(食器棚)や家電品収納、パントリー(食品庫)など壁面収納もご要望に合わせてご提案します。

材質が自由

扉の表面材質は、メンテナンスが楽なメラミン板、高級感のある単色塗装仕上げ、木の質感が味わえる突板塗装仕上げおよび無垢材塗装仕上げ(樹種の選択可能)から、ご予算やお好みに合わせてお選びいただけます。
また、ワークトップは一般的なステンレスや人造大理石のほかに、人造石や無垢材、集成材といった材質もラインナップ。キャビネットの材質は、一般的なメラミンパーチが標準仕様ですが、JP.formeオリジナル開発の檜材の無垢キャビネットもおすすめしています。

色柄・デザインが自由

扉表面の色柄は、材質にかかわらず豊富なサンプルの中からお選びいただけます。とくに塗装品は、「今使っている家具の色に合わせたい」といったご要望にも、色出しを行い対応します。
キッチン全体のイメージに意外と大きく影響を与えるのがハンドルのデザインです。握りやすいもの、シンプルで目立たないものとタイプは様々ですので、実際にサンプルを触り確かめながらお選びください。

JP.forme indexへ戻る ページの先頭へ戻る