「つくる」ことにこだわったオーダーキッチンやオーダー家具などにより日本のライフスタイルを提案する、奈良のインテリアショップ島家具製作所です。

フリーダイヤルは0120-432638 サイトからのお問い合わせはこちらをクリック

納入事例

kitchen #18

フードが視線を遮らない、開放的なキッチン橿原市 I様邸

パインの扉を使って、カントリー調のキッチンをお探しだったI様。

初めに検討されていたメーカーさんで、思うような対応がしてもらえず

困ってしまっておられたそうです。

ネットでいろいろと検索され、JP.formeへとたどり着かれました。

 

住宅の雰囲気と合わせる為、大工さんとも何度も打ち合わせを

させて頂いたキッチンです。

 

 

 

 

 

kitchen18_01.jpg

ダイニングスペースに対面したI型のキッチン。

手元が見えないように、立ち上がりをつけてその上を

配膳用のカウンターとしています。

 

 

 

 

 

kitchen18_02.jpg

扉・サイドパネルはパインの無垢材を使用しています。

扉は框組み、羽目板にも無垢材を使い

パインの柔らかいイメージを形にしています。

 

 

ワークトップは人工大理石です。

ホワイトがパインの扉とキレイにマッチングしています。

 

 

 

 

 

kitchen18_03.jpg

壁側から、スパイスラック、コンロ+オーブン、4段引出し、食器洗い機。

 

 

 

 

 

kitchen18_04.jpg

そして、シンクユニット。

 

シンクユニット内部は水栓の給水・給湯管や

シンクの排水トラップの設備が設置されいます。

それらをさけて引出し収納にするのが一般的ではありますが

框組みの扉を楽しむ為に、小割りの引出しではなく

開き扉にし、大きく扉を割り付けました。

 

羽目板の木目の流れが良く見えて、無垢扉の良さを感じます。

 

 

 

 

 

kitchen18_05.jpg

フードには、「グリーンハイキ」を採用しています。

グリーンハイキは一般的なフードのように

上方に取り付けるフードではなく

コンロに近い部分に設置するタイプのフードです。

 

 

機器が手元近くにあるので、毎日のお手入れもしやすく

いつも清潔に保てます。

 

 

お手入れのし易さはもちろんですが、グリーンハイキは

コンロの間近から、煙やニオイ、気化した油を素早く排気します。

煙や気化した油分の捕集率は99.8%とほぼ完璧です。

排気能力も優秀なフードです。

 

 

整流板がガラスなので、視界をさえぎらず

開放的なキッチンが実現できるデザイン性も人気です。

 

 

 

 

 

kitchen18_06.jpg

LDKの天井は吹き抜けになっていて、立派な梁が何本も見えます。

 

 

 

 

  

kitchen18_07jpg.jpg
 

 2階からもキッチンが良く見えます。

建物の雰囲気とも良く合っていますね。

 

 

 

 

 

kitchen18_08.jpg
 

リビングには、蒔きストーブを設置される予定です。

 

 

開放的な住宅に開放的なキッチン。

日当たりも良く暖かいこの空間には、自然とご家族が集まって

団らんされている様子が思い浮かびます。

 

 

 

 

 

 

橿原市 I様邸データ

カウンタートップ:人工大理石
シンク:ステンレス
フロントパネル:パイン無垢材