「つくる」ことにこだわったオーダーキッチンやオーダー家具などにより日本のライフスタイルを提案する、奈良のインテリアショップJP.formeです。

フリーダイヤルは0120-432638 サイトからのお問い合わせはこちらをクリック

納入事例

furniture #15

オーダーテーブル #02生駒市 N様邸

 オーダーテーブルのご紹介をします。

 

 

 

 

 

 

furniture15_01.jpg

 サイズはW1800*D900*H720のダイニングテーブルです。

 

 

メープル材を使用し、オイル塗装で仕上げています。

 

メープルは木肌が白く、きめの細かい木目が特徴です。

明るく、優しい雰囲気のある材です。

つやと透明感のある木肌は、使い込むほどに「あめ色」に変化していきます。

 

 

オイル塗装で仕上げているので、メンテナンスをしながらそんな変化を

楽しむのもいいですね。

 

 

また、メープルは衝撃性に強いのでボーリングのレーンやピンの

素材としても使われているそうです。

 

 

 

 

 

furniture15_02.jpg

脚は90角の角脚です。

 

天板の裏面に見える白いものは、コの字型の反り止めの金物です。

天板に埋め込んであります。

メープルの色に合わせて、白く塗装をしています。

 

 

 

 

 

 

furniture15_03.jpg

木部のアップ写真↑ ↑ ↑ ↑ ↑

 

 

写真でも、木肌の滑らかさが分かります。

見た目だけでなく、触れても滑らかでとても気持ちが良いですよ。

 

表面の仕上げは、職人さんの腕にかかっているところが

大きいのかもしれませんが、天板の上で、平泳ぎをするようにするすると

手で触れていたくなるような気持ち良さです。 

 

 

 

すっきりと見せるため、足の間には幕板がありません。

そこで脚の固定方法を少し工夫しています。

 

強度をしっかりともたせ、脚が天板に直接くっついているように見せます。

ちょっと裏面もご紹介。 

furniture15_04.jpg

 写真右上に見える白いものは、先ほどご紹介した反り止めの金物です。

 

 

天板をプレートが入り込むように、四角に掘り込み

固定用のオニメを5箇所埋め込んであります。

 

 

 

 

 

 

furniture15_05.jpg

 脚とプレートをボルトで固定し、掘り込んだ部分に

プレートを入れ込みます。

そして、天板とプレートもボルトで固定します。

 

 

天板にプレートが埋め込まれたカタチになるので、脚を固定した後も

プレートが見えず、天板に脚が直接くっついているように見えます。

 

 

 

 

 

 

furniture15_06.jpg

 ぐらぐらしては大変なので、しっかりと締め付けます。

 

 

 

 

 

 

furniture15_07.jpg

天板にしっかりと固定された脚↑ ↑ ↑ ↑ ↑

 

 

 

 

 

 

furniture15_08.jpg

W1800と大きいテーブルなので、チェアーは6脚納めさせて頂きました。

 

 

座面のファブリックカラーは、2脚ずつの3色使いです。

手前からダークブラウン、オレンジ、グリーン。

 

3色ともキレイで、ひとつに決め難く・・・。

6脚あるので、2脚ずつ3色とも採用することにしました。

カラフルでキレイです。 

 

 

 

 

 

最後に、ご主人さまと記念撮影!

  furniture15_09.jpg 

決まってますよ~N様!

ステキです。

 

 

 

 

 

 

生駒市 N様邸データ

ダイニングテーブル:メープル無垢材 ハギ合わせ
チェアー フレーム部:ホワイトアッシュ ウレタン塗装
   座面部:ファブリック