「つくる」ことにこだわったオーダーキッチンやオーダー家具などにより日本のライフスタイルを提案する、奈良のインテリアショップ島家具製作所です。

フリーダイヤルは0120-432638 サイトからのお問い合わせはこちらをクリック

納入事例

kitchen #22

家族が集まるキッチン三宅町 Y様邸

古い大きなお家のY様邸。

キッチン周りをリフォームの際に、JP.formeにご相談に来られました。

 

 

 

壁付けのI型キッチンを設置したスペースにダイニングテーブルと

食器棚のあるキッチンスペース。

ものが沢山あふれてしまい、収納出来ないのがお悩みのようです。

 

 

 

 

リフォーム前のキッチンスペース

kitchen22_02.jpg

テーブルの上にもモノが置かれ、食事スペースとしては機能していない様子。

 

 

 

 

そしてキッチン横は土間になっていて、なんと「おくどさん」が!

kitchen22_03.jpg

 

おじいちゃん、おばあちゃん達はここでご飯を炊いていたのでしょうね。

なんだかY様ご家族の歴史を感じます。

 

 

このスペースをつぶして、キッチンスペースを広げるのが

今回のリフォームの概要です。

 

 

 

 

 

 

 

キッチンの間取りは変わらず、壁付けのI型のプランです。

スペースを広げたので、キッチン幅も3000と大きいです。

収納部や冷蔵庫スペースも含めると、5300ほどのキッチンです。

kitchen22_01.jpg

自然の光をたくさん取り入れる為、窓を手元と上部に取り付けられています。

キッチン周りもスッキリとしました。

 

 

 

 

 

 

kitchen22_04.jpg

食事をしたり、会話をしたり、仕事をしたり、趣味のことをしたり・・・。

一人でも、皆でも、何かをする時にはこの部屋に集まります。

 

ここでいろんなことが皆で出来て集まれる空間。

皆がそれぞれ違うことを目的としていても集まってくる場所。

それがY様のご希望でした。

 

 

 

 

 

 

 

kitchen22_05.jpg

その為、食事スペースだけでなく、TVボードやデスクスペースも設けています。

 

食器棚のスペースが少ないので、TVボード上にも収納部を確保。

ここにも食器を収納するようにしています。 

 

 

 

 

 

 

kitchen22_06.jpg

Y様ご夫妻におじいちゃん、おばあちゃん、そして3人のお子様の計7人の大家族。

家族の胃袋を満たすのは、並大抵のことではありません。

 

たくさんあるお鍋や調味料類を、キッチン側にしっかりと収納出来る大容量です。

 

 

 

 

 

 

 

 
kitchen22_07.jpg

 

2連並んだ吊り戸棚の、シンク上に位置する方は水切り棚になっています。

良く使うお鍋や食器類など、こまめに洗われるものはここに入れます。

扉を閉めれば目隠しになるので、乱雑になりがちな

洗い物もスッキリと隠せます。

 

 

 

 

 

 

 

 

kitchen22_08.jpg

扉材は松の突き板を使いました。

細かい柾目がまっすぐ通っています。

把手はタガヤサンを使い、濃い色目をアクセントにしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

kitchen22_09.jpg

このLDKスペースで一際目立っているナラの無垢板テーブル↑

ここにご家族7人そろっての団欒は、楽しい時間でしょうね。

 

 

皆さんの笑い声が聞こえてきそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

三宅町 Y様邸データ

カウンタートップ:ステンレス
シンク:ステンレス
フロントパネル:松突き板(柾目)